K&R ロゴ

K&Rは、ハンドメイドエフェクター、エフェクターキット、オーディオキットをご提供する【音楽好き】な方に最適なショップです。

サイト内検索


ぴースケ『ひよこのぺーじ』は
こちらです。

パワーサプライ インテグレーテッド キット

AC100Vからローノイズ安定な ±DCが得られます。

  パワーサプライ インテグレーテッド キット

※写真は組み立て後の物です。

パワーサプライとウルトラローノイズレギュレーターがひとつになり,コンパクトになりました。
このキットのみで、AC 100Vから高品位な直流両電源が得られます。 基板上にヒューズホルダーも搭載しておりますので、ケース加工も楽ちんでおススメ商品です。

キット   ¥12,800.- 数量

完成品   ¥15,800.- 数量

製品の特長

K&R『Power supply Integrated』は、自作初心者オーディオ派の方々からのご要望にお答えする形として開発いたしました。
交流トランスとレギュレーター回路の一体基板によって手軽に高品位な直流両電源が得られます。
トランスには樹脂モールドのシールドタイプトロイダルトランス採用により磁束漏れを最小限にし、更に整流回路にはファストリカバリダイオード(FRD)とフィルムコンデンサの併用によりゼロクロスノイズを低減しました。要の電解コンデンサには、Nichiconオーディオ用KWシリーズを採用し繊細かつクリアな音質に仕上がっています。基板上にヒューズフォルターも設けていますので、筐体ケース加工が簡便です。

レギュレーター回路には、実績のウルトラローノイズレギュレーターの採用により大変ローノイズな直流電源となっております 。ICには、専用放熱器が付属します。回路基板には、正負それぞれ独立に多回転ポテンショメータを設けていますので正確な電圧調整が可能です。(右写真)

pot_vr.jpg

ご使用方法

図の様に、コンセントからの交流100Vを入力端子(X1,X3)に接続すると、出力(X2)にレグレーションされた±DCが出力されます。
X4端子は電源スイッチになっており、1-3ピンをショートすると電源ONとなりますので、ケース内部配線がし易くなります。

使い方ブロック

基本性能

  • 入力電圧
  • 出力電圧
  • 出力インピーダンス
  • 出力雑音電圧

  • 最大出力電流

AC 100V
±7V~±20V
10mΩ @120Hz
Iout=44mA  正5.6μVrms 負5.9μVrms @DIN-A
Iout=175mA 正12.1μVrms 負11.8μVrms @DIN-A
最大出力電流: 200mA

測定結果

  • 入力電圧
  • 出力電圧
  • 出力インピーダンス
  • 出力雑音電圧

  • 最大出力電流

AC 100V
±7V~±20V
10mΩ @120Hz
Iout=44mA  正5.6μVrms 負5.9μVrms @DIN-A
Iout=175mA 正12.1μVrms 負11.8μVrms @DIN-A
最大出力電流: 200mA

測定結果

PSI__pos_sprctram.gif
Fig.1

Fig.1は、出力電圧12V、負荷抵抗136Ωとして、出力電流88mA時の正電源出力スペクトラム構成を表しています。-110dB@60Hz以下の少ないリップルとなっています.1KHz以上の帯域では-150dBと大変ローノイズです。
※尚700Hz~4KHzのスペクトルは測定器に起因するノイズです。

 

PSI__neg_sprctram.gif
Fig.2

同様にFig.2は、出力電圧ー12V、負荷抵抗136Ωとして、出力電流88mA時の負電源出力スペクトラム構成を表しています。正電源側と同様な特性になっています。
※尚700Hz~4KHzのスペクトルは測定器に起因するノイズです。

PSI__pos_imp.gif
Fig.3

Fig.3は、正電源出力インピーダンス-周波数特性です。
TA7812は2K~50KHz付近が高くなっています。
K&Rのレギュレーターは数十KHz付近に小さく緩いピークがあるものの、それ以外は0.01Ω程度と低い出力インピーダンスになっています。

PSI__neg_imp.gif
Fig.4

Fig.4は、負電源出力インピーダンス-周波数特性です。
正電源の時とほぼ同様な特性となりました。