サイクロン集塵機の製作

丸鋸やトリマーを使ったときにでるおが粉の集塵機には、モノタロウブランドの乾湿両用掃除機 ブロア機能付を使ってます。
軽くて軽量、そんでもって安かったので、気に入って使ってます。
しかし、たくさんおが粉を吸うとフィルターが目詰まりしてしまい、吸引力が落ちてしまいます。
そこで、サイクロン掃除機の原理の集塵システムをつくりました。
使ったのはMollytek サイクロン集塵機ブとブリキペール缶

サイクロンをペール缶の蓋に取り付ける為に、丸く大きな穴をあけます。

ボール盤でちょっとづつくり抜きます。

もう少しです。レーザーのおかげで正確に穴あけができます。
次にサイクロンをボルトで取り付けます。それだけでは隙間が空いているのでコーキングで隙間を埋めます。

出来上がりです。
こんな感じに繋ぎます。緑のホースからごみを吸って、サイクロンでおが粉はペール缶に残り、クリーンになったエアーが掃除機に行きます。

ちゃんと、ペール缶にはおが粉が溜まってます。

掃除機の中は綺麗なママです。大成功です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です