GrooveDrive + Clean Booster (ケース加工編)

上記に続いて、ケース加工です。
まず、小型のボール盤で正確にΦ1mmの下穴をあけます。丁度、ポンチ替わりです。

続いて、大型のボール盤で適切な穴径に広げます。

横の穴あけは結構難しいです。
そして、穴加工、出来上がり。
この後、バリ取りをします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です