MCヘッドアンプ

 


高性能計装アンプと金属抵抗器使用の高性能仕様です。

Twitter




組み立て完成の写真です。
(注)概観は改良の為、予告無く変更する場合があります。



 
金メッキ仕上げの基板を採用しております。 

便利な奴だぜ! MC ヘッドアンプ キット

hires-logo.jpg

組み立て キット

¥9,800.- 数量:         

完成品

¥11,800.- 数量:         

製品の特徴

K&R『MC HeadAmp type1』サウンドの特徴として、”純粋増幅” が挙げられます。
プロレコーディング機器使用されている高性能計装アンプと金属箔抵抗器の組み合わせにより、あくまで純粋な色づけの少ない回路構成になっています。
一番の”肝”になる入力抵抗には、理想的な抵抗器である、”
金属箔抵抗器”を贅沢に採用しました。これにより入力抵抗に流れる電流際に発生する雑音を最小限にします。大変高価な抵抗器ですがその価値が十分感じられる滑らかなサウンドです。

K&Rのフォノイコライザー「
RIAA E.Q. type1」と基板幅を同じにしています。さらに端子位置も最短接続できる様考慮していますので、併せてご利用をお勧めいたします。

ハイレベルなサウンドを是非ご堪能ください。

  • プロレコーディング機器使用されている高性能計装アンプSSM2019BN
    (Analog Devices社)によるローノイズ、低歪みサウンド。
  • 入力抵抗器に偏差0.01% ±2.5ppm/℃の"超高性能金属箔抵抗器"の使用に
    より、限りなくピュアーなサウンド。
  • 信号ラインからコンデンサを排除しDCからの増幅を可能とし、さらに色づけの
    少ないピュアサウンド。
  • 基板内にリレー方式のバイパス回路を設ける事で、高品位なバイパス回路を実現。
  • FR-4(ガラスエポキシ)とゴールドメッキ仕上げのハイクォリティ基板を採用。

 ●基本性能

  • 定格入力:0.25mVrms(1kHz)
  • 利得: 26dB (20倍)
  • 入力インピーダンス:250Ω
  • 出力インピーダンス:100Ω
  • 周波数特性:DC~300kHz(±1dB)
  • 入力換算雑音:-140dBV(JIS-A)
  • 全高調波歪み(THD): 0.019% (1KHz 0.25mVrms)
  • 許容入力電圧 33mVrms
  • 電源:DC±9V~±15V   リレー 18V~30V
  • 消費電流:  11mA          リレー  13mA@24V
  • 適合カートリッジインピーダンス 2~50Ω
  • サイズ:W80×D68×H22(mm)

 ●測定結果


Fig.1
は、100Hzサイン波の入力信号を変化さえた時の歪み率を表しています。
入力が9mVrms程度の時、THD(赤色)が最小になっています。注目したいのは、2次歪みが支配的で、3次歪みは比較的ない事が読み取れます。


Fig.1

 

Fig.2は、1KHzサイン波の入力信号を変化さえた時の歪み率を表しています。
入力が4~5mVrms程度の時、THD(赤色)が最小になっています。100Hzの時に比べ、2次歪みに加え3次歪みは大変小さい値になっています。


Fig.2 

  

Fig.3は、5KHzサイン波の入力信号を変化さえた時の歪み率を表しています。
入力が2~3mVrms程度の時、THD(赤色)が最小になっています。2次歪に加え3次歪み増加しているのが解ります。


Fig.3 

Fig.4は、0.25mVの1KHzサイン波を入力した時のスペクトラム構成です。
3KHzの処に、若干、歪みを観測する事ができます。
120Hzに若干ハムノイズが確認されます。


Fig.4

logo300_90.gif


Copyright(c) 1996-2016 K&R All reserved
info@kandr.biz
(SPAM 対策のためアットマークを全角で記述しています。)
(お手数ですが、半角に直して送信してください。)